カラーセラピー 私は、オレンジ系で気持ちを上げる

カラーセラピストの資格を取得して以来、私にとって色は重要なファクターです。やる気が少し足りないなと思っているとき、気合を入れて仕事に集中したいとき、私はオレンジ色のアイテムを身に着けるようにしています。

私にとってオレンジ色は、運気を上げる、気持ちを上げる、そんな色だと思っています。オレンジと言ってもこだわりがあり、迅速に行動したいときには明るめのオレンジを選びます。また、慎重に物事をすすめたい、とても大事な案件に取り組んでいる時には濃い赤に近いオレンジを選択します。

オレンジに限らず、色が自分自身の行動に大きな影響を与えるというのは、常日頃から感じています。オレンジ色は、好みの色である反面、いつでもかつでもオレンジ色をそばに身に着けておくと気合を入れっぱなしになってしまうので、疲れてしまいます。オフのときには、部屋に淡い水色系統のものをちりばめるようにしています。淡い水色は、気持ちをリラックスさせてくれるのに最適の色だと感じています。このようにTPOに合わせ、オンオフの切り替えにカラーセラピーを用いることにしています。